ブログ

「植木 植栽 花-宝塚 」の記事一覧

観察日記 -グリーンテリア 芦屋

2017/02/12

エクステリア&ガーデン グリーンテリアのノナカです。

大きなオリーブの木の中にメジロを発見。

メジロは野鳥の中では市街地でも比較的よく見られる種で、車や人が絶えず行き交う鳴尾御影線でも
街路樹のケヤキやシャリンバイの中を飛び回る姿をよく見かけます。
ただ、トロい私にはすばやく動く鳥をカメラでとらえるのはなかなか難しく、
めずらしくそれと分かる姿に写ったのがこの一枚です。
ちなみに英名はJapanese White-eyeで、英語でもやはり「目白」です。

この木の下には誰かがきれいに実を食べてペッと出したような種がいくつか転がっています。
渋そうな生のオリーブを食べたのは果たしてメジロなのか、同じようによく見かけるヒヨの仕業なのか、
メジロのしぐさをみても何をついばんでいるのかは不明でした。
本来は花の蜜を好むそうで、ちょうど今くらいの時期はウメやツバキにとまる季節感たっぷりの写真をよくみかけます。
私には少々難易度が高いですが次はどこかでそんなシーンを狙ってみたいと思います。

落葉樹の葉がない寒い時期はお庭は少し寂しく感じられますが、野鳥の姿をみつけやすいのはこの時期ならでは。
暖かい部屋の中からでも時々お庭をじっくり観察してみてはいかがでしょうか。

冬の香り -グリーンテリア 芦屋

2017/01/29

エクステリア&ガーデン グリーンテリアのノナカです。

写真は祖母の家の庭のロウバイ。
お正月休みで帰省する頃いつも咲いていて、香りのよい花つきの枝を少しもらってきたりします。
基本種は中のほうの花弁が赤紫を帯びるということなので、花が中まで黄色いこの木は
おそらくソシンロウバイではないかと思われます。
ロウバイの英名はwinter sweet。
英名のsweetはニオイスミレのsweet violetやニオイナデシコのsweet pinkのように
しばしばその芳香をあらわします。
冬を彩る数少ない花であるロウバイは立春までの間の冬の季語にもなっています。
まだまだ寒い日が続いていますが、間もなくロウバイから梅の季節へ、暦の上では春がやってきます。

よいお年を -グリーンテリア 芦屋

2016/12/27

昨日は建て替えに伴う植栽やお庭工事のお打合せでした。
家とともにお庭も一新となりますが、今のお庭の思い出がまた新しいお庭で生きるよう、
愛着のある既存の木の移植や石の転用も含めて計画中です。
こちらのお庭では今はちょうどいろんなかんきつ類の木が実をつけていて、
帰りに香りのよいユズとびっくりするくらい大きな大実レモンをおすそわけで
いただきました。
さらに昨日は協力業者さんからのたくさんの野菜の差し入れも。
マーマレード、柚子大根、鍋、贅沢に柚子湯もできそうです♪

グリーンテリアの年内の業務は本日までとなります。
本年もたくさんのお客さまとのよき出会いがあり、多くの方の応援、支えがあり
おかげさまで無事に一年を終えることができました。
心より感謝申しあげます。
来年も何卒よろしくお願い申しあげます。

*************************************************
誠に勝手ながら12月28日(水)~1月4日(水)冬季休業とさせていただきます。
休業期間中にいただきましたお問合わせにつきましては1月5日以降に回答させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申しあげます。

お客様からの評価-グリーンテリア芦屋

2016/12/19

昨日にもブログに書かせていただきましたが
『お客様に喜んでいただく』事が当社では一番の決まりになっております。

昨夜も工事が完了したお客様から完成パーティーに
ご紹介者様と協力工事店さんと共にお招きいただきました。


お客様は古くから芦屋に住んでおられ知り合いが共通していたり
芦屋市商工会青年部部員とお子さんが同級生だったりして
話が盛り上がり遅くまですみませんでした。

お客様からいただいたメッセージです~~~~~
こちらこそ、遅くまでお引き留めして申し訳ありませんでしたm(_ _)m
今日はお越し頂きありがとうございましたm(_ _)m
皆さんのおかげで快適な我が家が出来て、ホントに感謝しております。
こんな私たち家族ですが、これからも宜しくお願い致しますm(_ _)m
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

T様ありがとうございました!
これからもお付き合いの程宜しくお願い致します。

介護施設補修工事-グリーンテリア芦屋

2016/12/18

先日、ご紹介いただいた介護施設の工事が終わりました。
建物内のクロス・トイレ等も改修しましたがとりあえず外周りで。

外周りはご予算の都合上、落下等の危険個所の補修でした。
タイルだったり・・・。

左官だったり・・・。

吹付だったり・・・。

年数が経てば地震などで経年変化は起こりますが
擁壁のヒビ割れの原因を知って施設担当者様も
ビックリしておられました。

僕も協力工事店さんもビックリする、大手会社さんの設計・施工不備でした。

会議のときに協力工事店さんに話しますが
『当社は1件1件のお客様が大切です。大手のように何千何百の内の1件ではありません。
10年20年経ってからでもお客様と良いお付き合いができるモノを提供しなければなりません。』

その想いがあって創業時からクレームゼロでさせていただき
今、当社では90%既客様からの注文やご紹介で工事させていただいております。

植物のかたち -グリーンテリア 芦屋

2016/11/25

エクステリア&ガーデン グリーンテリアのノナカです。


まるで連なるキャンディのような不思議な物体はゲットウ(月桃)の実。
ゲットウは日本では沖縄などに自生し、沖縄ではサンニンとも呼ばれるショウガ科の植物です。
沖縄出身の友人によるとサンニンの葉で蒸してムーチーというお菓子をつくるそうで、
沖縄ではとてもポピュラーな植物のようです。

ここ数年はこのあたりでも実がドライフラワーとして出回るようになり、
今年は初めて生の実に出会うことができました。
写真のようにもとは緑でだんだん赤く熟し、やがて開いて中の黒い種子がのぞきはじめます。
さらにそのままドライにすると鮮やかな朱赤がやわらかいオレンジ色に変わっていきます。
ドライでは分からなかった香りは、やはりちょっとショウガに似てピリッとスパイシー。
ムーチーにはこの香りが欠かせないのだそうです。

自然の造形にはちゃんとそれぞれ理由があるのだといわれますが、
この不思議な形にいったいどんな意味があるのか、興味をかきたてられる植物です。

伐採工事-グリーンテリア芦屋

2016/11/16

本日、水曜日は定休日ですが1ケ月程お待ちいただいていた
お客様の伐採工事の着工でした。

母屋瓦屋根の上にも幹が乗っており、協力工事店さんと樹の上で作業。
久しぶりの樹の上作業は怖かったです(>_<)
ロープを掛けたり、チェーンソーで切ったり、
危険な瓦屋根上作業は無事に終了しましたが伐採工事はまだまだ続きます・・・。

芦屋川ハロウィンキャンドルナイト2016-グリーンテリア芦屋

2016/10/26

10月30日 日曜日に芦屋川で2000個のLEDキャンドルを
使ったイベントが開催されます!
主催は芦屋JCですが芦屋商工会青年部にも協力依頼が
きましたので当社協賛も含め応援することになりました!(^^)

協賛会社や団体はカボチャ提灯に社名や団体名が入ってます。

ここでプレゼント企画です!!
当社で工事していただいたお客様で『株式会社グリーンテリア』が入ってる提灯を見つけていただき写メを撮って
メールをいただいたお客様には
先着順で1名様に『芦屋鳥きよ』の中皿オードブル
    1名様に『御菓子司 杵屋豊光』の和菓子詰合せ5個入
    1名様に『鮮魚 魚利』のととっけ10個
をプレゼントします。当選は発送をもって代えさせていただきます。
※遊びの企画なのでハズレた方は本気で怒らないでくださいm(__)m

お客様と不動産屋さんと金と銀-グリーンテリア芦屋

2016/10/23

代がかわっても親子で
当社を利用していただけるのは有難いです(^^)

親御さんとは新築外構からの付き合いで戸建メンテナンス&ビル管理させていただいて
お子さんの造成工事で昨日打合わせで本日契約♪

土地の売買の話もあったので不動産屋さんを紹介させていただきました!

地域や案件によってご紹介させていただく不動産屋さんや建築工事業者さんは違いますが
絶対に数回仕事していただいてお客様や友達からの評価が良いところしか紹介しませんので安心してください(^^)

そうそう、紹介でいえば既客様からマンションリフォームのお客様をご紹介いただいて
紹介した工務店さんとカーテン屋さんの対応が良くただ今、工事中ですが仕事もピカイチです!

不動産屋さんの紹介では友達の兄弟の自宅売買とこれまた友達の兄弟の病院の土地売買、お客様の子供の賃貸探しなどの実績があります。

こんな最高の仲間で仕事させていただいてるので毎日楽しいのかも。

最後に会社近くの公園で見かけた金と銀(金木犀と銀木犀)

ワークショップご参加ありがとうございました -グリーンテリア 芦屋

2016/10/21

昨日はグリーンテリアのリースづくりワークショップでした。
既客様もはじめての方もたくさんお申込いただき、久しぶりにお会いする方もおられたりで
おかげさまで午前と午後とも満席での開催となりました。

今回はユーカリの生葉を使ったリース。
ユーカリのさわやかな香りが部屋中に広がります。
全員同じ材料と手法でつくりますが、ちょっとした葉っぱのつまり具合や置き方のくせなどによって
十人十色の形になります。
動きがあってゴージャスなもの、きれいな流れを感じるもの、きゅっとコンパクトにまとまっているもの・・・
どなたのもそれぞれすてきでした。

最後はサンプルを参考にしながら飾りつけ。
はじめてという方が多かったですが、そうとは思えないほどみなさますばらしい仕上がりです。
みなさまかなり集中してつくられたようで、つかれたけど楽しかったと仰ってくださいました。

それぞれの材料に合った取り付け方を覚えていただくと、今後は応用して剪定した庭木の枝葉や
ご自身で集めたお気に入りの材料でオリジナル作品もつくっていただけます。
機会がありましたらぜひまたつくって楽しんでみていただけたらと思います。

ご参加誠にありがとうございました。