ブログ

最新記事一覧

紙の木 -グリーンテリア 芦屋

2018/02/16

エクステリア&ガーデン グリーンテリアのノナカです。

都市部のど真ん中、しかも地上16階で意外な植物に出会いました。

こちらはジンチョウゲ科の落葉低木ミツマタ。
ミツマタの名のとおり3つに枝分かれするというとても分かりやすい特徴があります。

英名だとOriental paper bush(=東洋の紙の低木・・・てなことでしょうか)
日本では古くからこの木の皮が紙の原料として使われてきました。
特に高知県出身の私にとっては小学校の頃に伝統工芸の勉強で土佐和紙の原料として習うため、
子どもの頃からなじみのある植物です。
手漉き和紙などというとあまり身近に感じないかもしれませんが、現在も日本の紙幣の原料として使われており、
実はとても私たちの生活に密着したものです。

もともと日本には分布していなかったようですが、高知でも近畿圏でも山沿いの地域などで
野生化しているものがよく見られます。
こちらはよく遊びに行く神河町の山中で群生していたもの。

こんなふうに黄色い花の咲く基本種の他に赤花の園芸種も流通しており、庭木としても人気があります。

ミツマタは啓蟄から清明の頃の季語とされています。
まだ花も緑も少ないこの時期、かすかな春の気配にちょっと幸せな気持ちになる早春の花です。

春を先取り -グリーンテリア 芦屋

2018/01/28

エクステリア&ガーデン グリーンテリア のノナカです。

最強寒波と言われる寒さ。
インフルエンザも大流行中とのことですが、みなさまいかがお過ごしですか。

まだまだしばらくは厳しい寒さが続きそうですが、お花屋さんの中だけは
年が明けてお正月ムードが去る1月半ば頃から一気に春がやってきます。
ラナンキュラス、チューリップ、ヒヤシンス、スイセンなどなど春咲き球根の花がたくさん。
これらの中には香りのよいものも多くて、お店の中にたちこめるよい香りにうっとりします。

ここ数年この時期からよく出回るようになったのが花芽付き球根です。

花つきの球根というべきか、球根つきの花というべきか、、本来土の中にある部分が根っこまで全部ついた状態のもの。
昭和の頃によく見たヒヤシンスの水栽培も近頃また流行中のようですが、写真のムスカリなどは土から彫り上げて
根を洗ってあるようです。
他にはコロンと手のひらにのってしまうようなかわいらしい原種系チューリップもよく見られます。
水栽培と同様に土から栄養をもらうことができないので、次の年に再び咲かせるのはなかなか難しいようですが、
植物の全身の形が見えるその姿は自然造形の美しさが強く感じられ、普通の切花とはまた違った魅力があります。

色も香りも春らしさいっぱいのお花屋さんを見ていると、いっそう春が待ち遠しくなる今日この頃です。

ブロック フェンス 境界工事 -グリーンテリア芦屋市

2018/01/25

よく考えるとこの1月に着工した工事は全て既客様からの
リピート注文のご依頼ばかりで、ありがたい限りです!

ご紹介していただく事も本当に多く、チーム グリーンテリアの
『お客様に喜んでいただく為に』がカタチになっている証だと思っています。

そんな中今日は昨年から待っていただいていたお客様の着工でした(^^)
M様お待たせいたしました。
協力工事店さん共々がんばります!

駐車場改修工事 -グリーンテリア芦屋市

2018/01/19

昨年に既客様からのリピート注文をいただきまして
お待ちいただいてやっと工事に入れました!

既客様からのリピート注文はグリーンテリアが協力工事店さん、メーカーさんと
一丸になってお客様に喜んでいただいた証だと思うので大変嬉しくなります(^^)

S様ありがとうございます!

新年互礼会 -グリーンテリア芦屋

2018/01/16

昨夜は芦屋市商工会の新年互礼会でした!

今年も芦屋で商売されている方が200名近く集まりました(^^)

今回はサプライズゲストとして福男の佐藤玄主さんが『福』を
届けにきてくれました。

会場では青年部関係の集合写真で締めくくりました。

植木 植替え 植栽工事 -グリーンテリア芦屋

2018/01/12

今日は昨年からお待ちただいていたお客様の植木植替え 植栽工事に伺いました!

正月休みで体がなまっていたので僕も現場作業を。

まずは既存のマユミを伐根。
配管に絡み付いて・・・家の基礎と土間に挟まれ根は真下へ・・・。
2人とも寒空の下汗だくになりながらの作業となりました^^;

この後協力工事店さんは引き続き裏庭のメンテナンスと植栽工事をしてくれましたが、
僕は腰が・・・・。

M様ありがとうございました!
今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。

その頃、野中女史は・・・。

純和風庭園の図面を書いていました。

新年のご挨拶 芦屋神社献灯 -グリーンテリア芦屋市

2018/01/06

新年 明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜りまことにありがとうございました。

皆様におかれましては、つつがなく新しい2018年を迎えられたことと、
お喜び申し上げるとともに、本年のご健勝をお祈り申し上げます。

本年もかわらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。

形式ばった新年のご挨拶になりましたが、当社は今日が仕事始めになります。

仕事始めは、毎年恒例の芦屋神社にお詣りさせていただきました!

気になるのが献灯で、今年も芦屋市商工会青年部部員の献灯が
微妙にかたまってる感じが・・・(^^)
山西宮司ありがとうございます!今年も宜しくお願い致します。

駐車場石張り・タイル壁の外構 -グリーンテリア芦屋市

2017/12/26

乱石とタイルの外構が完成しました!

グリーンテリアと協力工事店さん一丸となって
お客様に喜んでいただく事ができました~(^^)

完成はコチラです!

和風の庭 施工設計 -グリーンテリア芦屋市

2017/12/21

ここ数日で大きな人数が要る現場が完了しました!

どちらも予定通りだったり予定よりは少し早くお客様に完成を見ていただくことができて
ホッと一安心しています(^^)

今日完了のお客様からは協力工事店さんの仕事ぶりを喜んでいただき、
追加で来年の和風庭園の総改修工事のご依頼をいただきました!
公園のような広いお庭がどのように変わるのか、今から楽しみです♪

クリスマスの植物 -グリーンテリア 芦屋

2017/12/19

エクステリア&ガーデン グリーンテリアのノナカです。

クリスマスを象徴する植物といえばモミやヒイラギなどがありますが、最近注目を集めているのがこちら。

ヤドリギです。
宿木の名のとおり他の木に寄生して養分をもらう寄生植物で、日本の人里でも普通に見られます。
その不思議な生態といい、もじゃもじゃボール状の姿形といい、子どもの頃から
とても興味を惹かれる植物でした。

欧米ではポピュラーなクリスマスの飾りだそうですが、日本でクリスマスと関連付けられるようになったのは
ごく最近になってからではないかと思います。
たいてい大木の上のほうの高~いところにくっついているものなので長年遠目にしか見たことがなく、
ここ数年クリスマスの時期にリースやスワッグ、店舗ディスプレイなど間近で見る機会が多くなったのは
ちょっと驚きと感動です。

寄生という表現はなんとなくマイナスイメージですが、意外にも花言葉は「困難に打ち克つ」。
様々な神話にも登場するなど、冬の寒さの中でも緑を保ち、土のない場所に根を下ろして強く生きる
ヤドリギは昔の人から見ても不思議な魅力のある植物だったのかもしれません。